TECH BLOG

MENU

オンプレ

SVF

SVFX-Designer

今回は作成中の帳票をプレビューする方法をお伝えします。

帳票を設計する上ではもっとも基本的なことですが、私が昔、SVFX-Designerで帳票設計を始めた時は、「こう設計すれば、思った通りに表示されるだろう。」という想定だけでガリガリ作ってしまい、いざ印刷してみたらぜんぜん思っていたような帳票ができていないことがありました。

手戻りが発生しない為にはこまめなプレビューは非常に重要なことですので、ここでしっかりマスターしてくださいね。下の図はいずれもプレビュー(テスト印刷)した際の出力イメージです。

左はCSVで実際のデータを用意してプレビューしており、右は実際のデータは用意せずにプレビューしています。本番運用と同様の出力を確認したい場合はCSVを用意し、改ページやレイアウト全体の確認は右のように実際のデータの代わりに「X」を印字し、プレビューすることができます。

どちらも最初の手順は同じです。プレビューを試したいタイミングで、画面上の[プリンタのアイコン]をクリックします。

 

◆CSV(実際のデータ)を用意しない場合

[手動モード]もしくは[自動モード]にチェックが入っていることを確認します。

手動モードの場合は、必要に応じて、印字フィールド設定の[XXXX名]と[Field名]の行数を変更してください。この行数を増やすことで、改ページの設定を行っている場合、改ページが正しく動作するかの確認を行うことができます。

自動モードの場合は、印字フィールド設定の[XXXX名]と[Field名]を行数ではなく割合で指定するモードです。変更したらプレビューボタンをクリックします。

[手動モード]

[自動モード]

 

するとAdobe Reader等のPDF閲覧ソフトが立ち上がりプレビューが表示されたのが確認できると思います。下の例では改ページ設定を行った上で、印字フィールドの行数を増やしている為に、改ページが行われていることが確認できます。

◆CSV(実際のデータ)を用意してプレビューを行う場合

[テストデータ取り込みモード]にチェックを入れてください。その後、ファイル選択の右部にある[…]ボタンをクリックしテストデータのCSVファイルを選択します。

ファイルを選択したらプレビューボタンをクリックします。下記のように、実際の帳票と同じにプレビューができました。

エラーが発生しプレビューができない場合、以下の原因が考えられますので確認してみてください。

テスト印刷を適切なタイミングで実行することで手戻りを防ぎ、設計の効率をあげていくことができますので、ぜひ活用いただければと思います。

この記事にリアクションしてみませんか?

  • 分かりやすい (0)
  • 問題が解決した (0)
ありがとうございます✨
プロフィールへ

ウイングアーク テクニカルエンジニア

ウイングアーク1stの技術部隊が記載しています。中の人は製品に詳しく、日頃からお客様と接点のある人です。お役立ち情報をたくさん書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!

Related article

Related article関連記事

Pick up

Pick upおすすめ記事

【まとめ】SVFCloud帳票をinvoiceAgentに連携する方法

  • #帳票作成・出力
  • #システム連携
  • #電帳法
  • #文書定義
  • #処理定義

2024.04.18

SVF

Dr.Sum Copilotをインストールしてみた【OpenAI】

  • #Copilot

2024.04.05

Dr.Sum

特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

  • #データ加工
  • #DS Script

2023.07.17

Dr.Sum

Ranking

Rankingランキング

1

数字を3桁区切りで表示したい

  • #帳票作成・出力

2017.03.14

SVF

2

レイアウトを確認(プレビュー)したい

  • #帳票作成・出力

2018.07.06

SVF

3

単価と数量を使って金額を算出したい(可変型)

  • #帳票作成・出力

2020.02.05

SVF

Info

Information

ウイングアーク1stからのお知らせ