★★★:よくある

位置調整って案外手間ですよね。
アイテムの多いレイアウトを作成した際はもちろん拡大すると微妙にずれていたりと・・・
特にお客様に出す帳票など、ずれていると見映えがわるくなってしまうのできっちり揃えたいところです。 位置調整がきっちりできると仕上がりが格段に良くなりますが、1つ1つ微調整していくとなるとものすごく時間がとられてしまいますよね。実はSVFではこれを一発で解決できてしまう素敵な機能があります。

ということで今回はアイテムの位置調整を一括で、また正確に行う方法を説明していきます。

位置調整を行いたいアイテムを選択します。複数選択する時はShift + クリックをしてください。

位置調整パッレトアイテムをクリックすると、このようなメニューが表示されます。

位置調整パレットは、「整列」、[整列]+[揃え]の機能がございます。

上2段が複数のアイテムについて、位置関係を調整します。
中央2段が基準とするオブジェクトに合わせてアイテムの位置を調整します。
5段目は、フィールド・固定文字のピッチを調整します。
6段目は、フィールド・固定文字の均等割付を行います。

今回は「(水平)中央に進める」をクリックし縦位置を調整します。

いかがでしたでしょうか。

今回は縦揃えのみ使用しましたが、上下左右や均等割付、複数の異なるアイテム位置を基準とした揃え等も簡単に位置調整を行えますのでいろいろな機能を利用して簡単に帳票を作成して下さいね。