TECH BLOG

MENU

オンプレクラウド

MotionBoard

MotionBoard

MotionBoardには、チャート同士を連動させる「リレーション」という機能があります。

リレーションは「1つのカテゴリをクリックすると、もう片方のチャートも同じカテゴリのみが表示される」という使い方をする場合が多いと思いますが、「1つのカテゴリをクリックすると、もう片方のチャートの該当するカテゴリを目立たせる」という”ハイライト”と呼ばれる使い方も可能です。

当記事ではリレーションの「ハイライト」について解説しています。

 

リレーションの[ハイライト]を使ってチャートを目立たせる方法

リレーションの設定をする

まずは、ドラッグ&ドロップでリレーションの設定をしてください。

 

 

マウスクリック時のアクションを設定する

次に、リレーション設定の画面でマウスクリック時アクションに[ハイライト]を指定します。

これでリレーション設定は完了ですが、これだけでは目立たせることができません。

どのような効果で目立たせるかは、リレーション先のチャートのデザイン設定で指定することができます。

 

リレーション先のチャートデザインを設定する

リレーション先のチャートを選択し、[チャート編集]をクリックしてください。

 

スタイル設定を行う

チャートエディタの画面では、左側の「スタイル設定」を選択します。
スタイル設定の画面では、以下の設定をしてください。

今回は目立つように真っ赤に設定しました。

実際に設定する際は、ボードやチャートに合ったカラーを設定してください。

 

まとめ リレーションのハイライトを使うとチャートを目立たせられる

これで設定は完了です。

リレーション元のチャートの項目を選択してみましょう。

選択したカテゴリに対応した折れ線が赤くなりました。

このように、リレーション設定の「ハイライト」を使えばチャート内の項目を目立たせることができます。

MotionBoardはちょっとした設定でチャートの表現力を広げることができますので、ぜひ使ってみてください。

この記事にリアクションしてみませんか?

  • 分かりやすい (1)
  • 問題が解決した (0)
いいね!ボタンありがとうございます!
プロフィールへ

塚田 涼太郎

2020年からDr.Sum MotionBoard のプリセールスとして活動しています。ユーザー様のお困りごと/お悩みごとを解決できるようブログ執筆の活動をしています。お困りごとが解決したら是非「いいね」ボタンのクリックをお願いします!

Related article

Related article関連記事

Pick up

Pick upおすすめ記事

特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

  • #データ加工
  • #DS Script

2023.07.17

Dr.Sum

DS Scriptで必要なテーブルだけ再構築(リビルド)をしよう

  • #DS Script

2023.07.06

Dr.Sum

「データポイント数が、しきい値をオーバーしました」というエラーの解決方法【データベースで処理をしよう】

  • #データ加工

2023.06.13

MotionBoard

Ranking

Rankingランキング

1

棒グラフを大きい順番に並び替えたい!(ソートしたい)

  • #デザイン
  • #グラフ
  • #集計表

2019.06.15

MotionBoard

2

カスタム項目の書き方 よく使う関数からIfまで

  • #データ加工

2023.07.28

MotionBoard

3

経過時間を時:分:秒で時刻表示したい!【320秒→05:20】

  • #グラフ

2022.08.02

MotionBoard

Info

Information

ウイングアーク1stからのお知らせ