TECH BLOG

MENU

オンプレクラウド

Dr.Sum

Dr.SumDatalizer for ExcelDatalizer for Web

Dr.Sumではユーザーが所属するグループによって参照できるデータを環境変数を使用して制御することができます。環境変数を使用することで、同じデータの中でも、関東グループには関東のデータのみ、九州グループには九州のデータのみ、といった制御を行うことができます。

例えば、同じレポートでも所属している組織のデータだけが見えるような制御を設定することが可能です。

環境変数を設定して、ビューなどの抽出条件として環境変数を指定すると、環境変数に設定した値が抽出条件に使用されます。これにより、ユーザー、グループごとに対象となる行データのみを表示できるようになります。
それでは設定していきましょう!

なお、今回使用するユーザーやグループについては下記の記事で作成したものを使用します。

参照:ユーザーとグループを作成してみよう!

(1)環境変数の設定

[ユーザー]タブでグループを選択し、[関東]ブロックの[プロパティ]を選択します。
[環境変数]タブの環境変数1に「関東」と指定します。
同様の手順で[九州]ブロックの環境変数1に「九州」と指定します。

(2) ビューの抽出条件の設定

「IN (GET_GROUP_INFO(ENV1))」を設定し、環境変数を反映させます。※GET_GROUP_INFO:ログインユーザーが所属するグループ情報を取得するDr.Sumセッション関数
 ここではグループのプロパティで設定した環境変数1の値を抽出条件として指定しています。

設定が完了したので「関東一郎」、「九州花子」それぞれのユーザーでDatalizerにログインしてレポートを確認してみましょう。
所属しているブロックのデータだけが表示されていることが確認できました。環境変数を利用することで、部署毎にレポートを分けて作成する必要がなくなるので、便利ですね!ぜひご活用下さい!

この記事にリアクションしてみませんか?

  • 分かりやすい (1)
  • 問題が解決した (1)
評価いただいてありがとうございます!
プロフィールへ

宇根 昌和

新卒でウイングアーク1stへ入社、プリセールス活動を行っています。Pythonをベースに様々なツールからデータをDr.Sumへ集約しMotionBoardで可視化する仕組みを作ったり、Web APIを使ったデータ蓄積ノウハウをテーマにイベント登壇したりしています。Dr.Sum及びMotionBoardを中心とした役立つ情報を発信していきます!

Related article

Related article関連記事

Pick up

Pick upおすすめ記事

特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

  • #データ加工
  • #DS Script

2023.07.17

Dr.Sum

DS Scriptで必要なテーブルだけ再構築(リビルド)をしよう

  • #DS Script

2023.07.06

Dr.Sum

「データポイント数が、しきい値をオーバーしました」というエラーの解決方法【データベースで処理をしよう】

  • #データ加工

2023.06.13

MotionBoard

Ranking

Rankingランキング

1

Excelのデータを加工したい。~変換(横持ち⇔縦持ち)について~

  • #データ取り込み
  • #データ加工

2021.01.19

Dr.Sum

2

【Excelの取り込み】データベースにExcelデータをインポートしよ…

  • #データ取り込み

2020.08.14

Dr.Sum

3

【実は動く】フリーのSQL実行ツールでDr.SumのSQLを書こう

  • #外部接続
  • #SQL

2023.11.13

Dr.Sum

Info

Information

ウイングアーク1stからのお知らせ