TECH BLOG

MENU

オンプレクラウド

Dr.Sum

Dr.Sum

 

SnowflakeからDr.Sumにデータをインポートするにはどのようにしたらいいのでしょうか?
CSV/Excelファイルのインポートはできるのは知っているけど、クラウドのデータベースからDr.Sumにインポートすることが想像がつかない…。そんな方に今回はクラウドのデータベースであるSnowflakeからDr.Sumにデータをインポートする方法をお伝えします。

 

SnowflakeとDr.Sumの位置付け

 

企業によりデータ基盤の仕組みは異なりますが、今回の記事ではデータレイクにSnowflake、データウェアハウスにDr.SumのようにDr.Sumをユーザーのフロントに置くようなデータ分析基盤として使用している方を対象としてご説明します。

Snowflakeをデータレイクとして扱う

クラウドのデータベースであるSnowflakeはデータウェアハウスにもデータレイクにもなりえます。今回は社内のデータが全てSnowflakeに蓄積されていくがエンドユーザー向けに公開するには加工が必要、というようなシナリオを想定してデータレイクの位置付けとします。

Dr.Sumをデータウェアハウスとして扱う

データを可視化するならDr.Sumを見ればよい!というように全社的なデータの分析可視化基盤としてDr.Sumを利用している、というようなシナリオを想定してデータウェアハウスの位置付けとします。

 

SnowflakeのデータをDr.Sumにインポートする

前提:Snowflakeにテーブルを持っている

今回はSnowflake側に下記テーブルを保持していることを前提とします。
データベース名:SAMPLE
  スキーマ名:SAMPLE
  テーブル名:SAMPLE

ODBCドライバーをインストールする

①ODBCダウンロードサイトhttps://developers.snowflake.com/odbc/にアクセスし、
 ODBC FOR WINDOWSを選択します。※今回はWindowsOSを対象とします。
②インストーラーがダウンロードされたことを確認します。
③ダウンロードされたmsiファイルをダブルクリックで実行します。
④「Next」を選択します。
⑤「Next」を選択します。
⑥「Install」を選択します。
⑦「Finish」を選択します。

Visual Studio 2015用Visual C++ をインストールする

https://learn.microsoft.com/en-us/cpp/windows/latest-supported-vc-redist?view=msvc-140#visual-studio-2015-2017-2019-and-2022
上記サイトにアクセスしVisual C++をインストールします。
①Windowsの環境に合わせてインストーラーをダウンロードします。
 ※今回はX86とします。
②ダウンロードしたインストーラーを実行してインストールが完了したら
 「再起動」を選択します
 ※再起動が必要のため作業中のファイルは保存しておきます。

ODBCデータソース(64ビット)を設定する

①Windowsメニューから「ODBCデータソース(64ビット)」を選択します。
②「システムDSN」を選択します。
③「追加」を選択します。
④「SnowflakeDSIIDriver」を選択します。
⑤「完了」を選択します。
⑥「Data Source」を任意で入力します。
⑦「User」にSnowflakeの管理者ユーザーのIDを入力します。
⑧「Password」にSnowflakeの管理者ユーザーのパスワードを入力します。
⑨「Server」にSnowflakeのアカウントURLからhttps://を除いた情報を入力します。
 ※後ほどSnowflakeでの調べ方を説明します。
⑩「Database」にSnowflakeのデータベース名を入力します。
⑪「Warehouse」にSnowflakeのウェアハウス名を入力します。
 ※後ほどSnowflakeでの調べ方を説明します。
⑫「Test」を選択します。
⑬SUCCESS!と表示されたら「OK」を選択します。

備考:Serverの入力情報の確認

管理者でhttps://app.snowflake.comにアクセスします。
「管理者」>「アカウント」を選択しコピーアイコンからアカウントURLをコピーします。
そのままペーストせず、https:// は削除してServerに入力してください。

備考:Warehouseの入力情報の確認

管理者でhttps://app.snowflake.comにアクセスします。
「管理者」>「ウェアハウス」を選択するとウェアハウス名を調べることができます。

ODBCでインポートする

下記の記事を参考にしてODBCで作成したデータソースを元にインポートします。

SQL Server のデータをODBCでデータインポートしよう
https://navi.wingarc.com/product/drsum/9300

無事にSnowflakeからDr.Sumにインポートできました!
クラウドのデータベースからDr.Sumにインポートする方法は意外と簡単でしたね。
一般的なODBCと変わらず設定できるSnowflakeのドライバーに感謝です。
是非やってみてください!再起動する可能性があることだけは忘れずに…。

 

この記事にリアクションしてみませんか?

  • 分かりやすい (2)
  • 問題が解決した (0)
あなたのお役に立ててうれしいです!
プロフィールへ

山下 悦矢

MotionBoardとDr.Sumのプリセールスをしております。 歴は5年ほどになります。皆さんに分かりやすくお伝えできるように 頑張って発信してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

Related article

Related article関連記事

Pick up

Pick upおすすめ記事

特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

  • #データ加工
  • #DS Script

2023.07.17

Dr.Sum

DS Scriptで必要なテーブルだけ再構築(リビルド)をしよう

  • #DS Script

2023.07.06

Dr.Sum

「データポイント数が、しきい値をオーバーしました」というエラーの解決方法【データベースで処理をしよう】

  • #データ加工

2023.06.13

MotionBoard

Ranking

Rankingランキング

1

Excelのデータを加工したい。~変換(横持ち⇔縦持ち)について~

  • #データ取り込み
  • #データ加工

2021.01.19

Dr.Sum

2

【Excelの取り込み】データベースにExcelデータをインポートしよ…

  • #データ取り込み

2020.08.14

Dr.Sum

3

【実は動く】フリーのSQL実行ツールでDr.SumのSQLを書こう

  • #外部接続
  • #SQL

2023.11.13

Dr.Sum

Info

Information

ウイングアーク1stからのお知らせ