TECH BLOG

MENU

オンプレクラウド

Dr.Sum

Dr.Sum

ユーザー、グループごとに参照するデータを制御できる大変便利な機能の環境変数ですが、設定できる数が10個までなので、11個以上使いたい場合は足りません。そのような場合はサブクエリーで回避することができます。

さっそく紹介します。

 

変数テーブルを作成する

 

まずは変数テーブルを用意します。

ユーザーIDまたはグループIDの列と、絞り込み条件の列で構成されたテーブルを作成します。絞り込み条件を複数適用したい場合は、列数を増やします。
今回はグループIDを抽出条件にします。たとえば[Group1]に所属しているユーザーは[北海道]と[東北]のデータが表示されるようになります。

 

サブクエリーで絞り込む

 

SQLを実行します。今回の場合サブクエリーを使用します。

ビューにする場合はSQLモードで実行しましょう。

SELECT * FROM <テーブル名> WHERE <列名> IN(SELECT <列名> FROM 変数テーブル WHERE グループID IN (GET_GROUP_INFO(ID)))

こうすることでグループごとに抽出できるデータを自由に管理することができます。

ぜひ使ってみてください。

 

この記事にリアクションしてみませんか?

  • 分かりやすい (2)
  • 問題が解決した (0)
あなたのお役に立ててうれしいです!
プロフィールへ

Toru Sasahara

Dr.Sumのソースコード1行目から開発に携わり、四半世紀にわたってDr.Sumと共に歩んできました。 2022年からはDr.Sumの開発責任者とプロダクトエンゲージメント担当を兼務し、ユーザーが愛着を持ち、長く使い続けられる製品の開発に情熱を注いでいます。

Related article

Related article関連記事

Pick up

Pick upおすすめ記事

【まとめ】SVFCloud帳票をinvoiceAgentに連携する方法

  • #帳票作成・出力
  • #システム連携
  • #電帳法
  • #文書定義
  • #処理定義

2024.04.18

SVF

Dr.Sum Copilotをインストールしてみた【OpenAI】

  • #Copilot

2024.04.05

Dr.Sum

特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

  • #データ加工
  • #DS Script

2023.07.17

Dr.Sum

Ranking

Rankingランキング

1

Excelのデータを加工したい。~変換(横持ち⇔縦持ち)について~

  • #データ取り込み
  • #データ加工

2021.01.19

Dr.Sum

2

【Excelの取り込み】データベースにExcelデータをインポートしよ…

  • #データ取り込み

2020.08.14

Dr.Sum

3

Dr.Sum Copilotをインストールしてみた【OpenAI】

  • #Copilot

2024.04.05

Dr.Sum

Info

Information

ウイングアーク1stからのお知らせ