TECH BLOG

MENU

オンプレクラウド

Dr.Sum

Dr.SumDatalizer for Web

Datalizerでリアルタイムなデータを集計したい!そんなときはMotionBoardを経由して、上位のデータベースに接続することでリアルタイムなデータの可視化が可能になります!
Dr.Sumでは大量データを高速に集計できる点が強みですが、夜間バッチなどで上位システムと同期するプロセスが必要です。
本記事で紹介する方法を使うことで、Dr.Sumで大量データを集計しつつ、比較的少量のデータはMotionBoardを経由して直接データをとるハイブリッドな方法で集計が可能です。
上位システムへの負荷軽減と高速集計、リアルタイム性をうまく両立することができます!

他にも、自部門ではDatalizerを使い慣れている人が多い一方、他部署でMotionBoardを使い始めたといったケースでも、使い慣れているDatalizerでDr.Sum以外のデータを集計できます!
利用シーンとしては、POSデータなど日々大量にたまるデータをDr.Sumから取得し、人件費や固定費といった会計データをMotionBoard経由で取得し、それらを合わせて粗利を出したいといった際に使えます!

今回はその設定方法をご紹介します!

設定方法~認証設定編~

MotionBoardにDr.Sumと共通のID/PWを持ったアカウントを作成してください。
Dr.Sumの認証設定をすでに行っている場合はサーバー設定編にお進みください。

Datalizer管理画面のメニューから[認証設定]を開きます。

[接続設定]をクリックし[サーバー接続設定]画面を開きます。

必要事項を入力し、[サーバー接続テスト]をクリックしてテストを実行します。
※ID、パスワードは必ずDr.Sum、MotionBoard共通のものを使用してください。

[デフォルトサーバーへの適用]をクリックします。

設定方法~サーバー設定編~

Datalizer管理画面のメニューから[サーバー設定]を開きます。

[+追加]ボタンをクリックし設定画面を開きます。

接続先種別をプルダウンから「MotionBoard 」を選択します。

必要事項を入力します。
※ID、パスワードは必ずDr.Sum、MotionBoard共通のものを使用してください。

[サーバー接続テスト]をクリックし、接続ができるかを確認します。

[適用]ボタンを押して閉じます。

Datalizer画面でMotionBoardに接続できることを確認します。

まとめ

今回はDatalizerでMotionBoard経由してDr.Sum以外のデータベースからデータを集約、分析する設定方法をご紹介しました。
ぜひ!データ活用に役立ててみてください!

MotionBoardの記事はこちら!

TECHBLOG(MotionBoard)

この記事にリアクションしてみませんか?

  • 分かりやすい (0)
  • 問題が解決した (0)
評価ありがとうございます!次の記事も頑張ります!
プロフィールへ

Nakahara Satoshi

MotionBoardとDr.Sumのプリセールスを行っている二年目の新米SEです。読者の皆様に有益な情報をお届けできるよう頑張ります。

Related article

Related article関連記事

Pick up

Pick upおすすめ記事

特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

  • #データ加工
  • #DS Script

2023.07.17

Dr.Sum

DS Scriptで必要なテーブルだけ再構築(リビルド)をしよう

  • #DS Script

2023.07.06

Dr.Sum

「データポイント数が、しきい値をオーバーしました」というエラーの解決方法【データベースで処理をしよう】

  • #データ加工

2023.06.13

MotionBoard

Ranking

Rankingランキング

1

Excelのデータを加工したい。~変換(横持ち⇔縦持ち)について~

  • #データ取り込み
  • #データ加工

2021.01.19

Dr.Sum

2

【Excelの取り込み】データベースにExcelデータをインポートしよ…

  • #データ取り込み

2020.08.14

Dr.Sum

3

【実は動く】フリーのSQL実行ツールでDr.SumのSQLを書こう

  • #外部接続
  • #SQL

2023.11.13

Dr.Sum

Info

Information

ウイングアーク1stからのお知らせ