★★★:よくある

帳票デザインがうまくいかない...

SVFを使っていて、思った通りの見た目で帳票が出力されないことがあると思います。
こんなとき、弊社のWebサポートまでお問合せいただく際に、解決までのリードタイムを短くするためのテクニックをご紹介します。
それは、『適切な資料の提供』と『伝えるべきポイント』を過不足なくお伝えいただくことです。
これらの情報がうまく伝わると、弊社内でエラーコードや処理内容の確認、うまくいけば再現確認まで行えるため、一次対応が非常に早くなります。
SVFは色々なモジュールを組合せて利用するため、ログを集めるのはちょっと手間がかかりますが、解決までの近道のためご協力をお願いします。

今回は、『思った通りの見た目にならない』と『文字が化けてしまう』の2つのケースで必要な資料と伝えるべきポイントをご紹介します。

ケース1:思った通りの見た目にならない

 □必要な資料
  (1) 様式ファイル(.xml)
  (2) SVFデバッグログ ※1
  (3) SVFX-Designerのテスト印刷の結果 ※2

 □記載いただきたいこと
  (1) 何に出力したいのか(例:PDFかプリンタ、プリンタであれば機種言語など)
  (2) どこがイメージと違っているのか。

ケース2:文字化けが発生してしまう

 □必要な資料
  (1) 様式ファイル(.xml)
  (2) SVFデバッグログ ※1
  (3) 出力した結果(PDFであればファイル、印刷の場合はスキャン結果など)
  (4) UCXデバッグログ(上位システムとテキストで連携している場合) ※3

 □記載いただきたいこと
  (1) 何に出力したのか (例:PDFかプリンタ、プリンタであれば機種言語など)
  (2) 文字化けている箇所
  (3) 正しい結果の文字、あるいは出力したい文字コード
  (4) SVFへの連携方法(例:テキスト連携、API連携)

 


※1 SVFデバッグログの取得方法
https://customer.wingarc.com/support/faq?id=000001477
このログはパフォーマンスに大きく影響を及ぼすため、取得後は必ずOFFにしてください。

※2 SVFX-Designerテスト印刷の方法
https://manual.wingarc-support.com/ja-jp/manual/svf/sxd92/Default.htm
「3-13 テスト印刷する」に記載の「テストデータ取り込みモード」で出力してください。

※3 UCXデバッグログの取得方法
https://customer.wingarc.com/support/faq?id=000001670