★★★:よくある

~今回の内容に関連する記事のリンク~

「明細数が増減する帳票を作りたい(可変行)」

「商品名が長かった場合に自動的に折り返して出力させたい(可変行)」

「明細レコードに正しく項目が印字されない」

「各明細行の金額の合計を算出し、明細の最終行に出力したい(可変行)」

可変型の明細がある帳票で、1ページ内に複数の購入日のレコードが印字されている帳票を購入年月ごとに改ページして出力したいことがあるかと思います。その場合には「レポートライター機能のキーブレイク」によって改ページを行うことで簡単に実現することができますよ。

【月毎に改ページあり】

■1ページ目

■2ページ目

まずは「明細数が増減する帳票を作りたい(可変行)」を参照して可変型の明細を作成してみましょう。

今回は月毎に改ページしたいので「月」フィールドにキーと改ページの指定をします。「月」フィールドを選択して右部プロパティエディタ「レポートライター」のキー番号を「1」に改ページをチェックONにしましょう。

この「レポートライター」を使用することで今回紹介する「キーブレイクによる改ページ制御」や「データのソート出力」、「ヘッダーレコード、合計レコードの自動挿入」などの設定を簡単に行えますよ。

以上の設定で購入日付の年月が変わったタイミングで改ページして帳票を出力することができますよ。

■1ページ目

■2ページ目

今回紹介した「レポートライター機能」を使うことにより作成したい、実現したい帳票のテンプレートの種類が大きく広がりますので、今後もレポートライター機能を使用した内容の記事を記載していく予定なので楽しみに待っていて下さいね。