★★:まあある

集計表チャートで集計項目の表示非表示はデータソースの設定で可能ですが、集計表チャートで特定の「支店名」の行や「年」の列などを非表示にしたいという要件はデータソースの設定ではできません。ではどのような方法があるのでしょうか?

集計表から特定の文字列を指定して行/列を非表示にすることは簡単に行えますので、以下を参考にしてください。

特定の行/列を非表示にしたい場合、集計表上でマウスの右クリックして「集計表のスタイル」を表示します。

1.特定の行を非表示にしたい場合
 (1)「関東」の行すべてを非表示にしたい場合は、「カスタム行スタイル」タブで、「行名」に「関東」を入力し、「適用範囲」を「行名を含むすべての行に適用する」にチェックします。「行サイズ」の高さを「0」に設定して、「追加/更新」ボタンをクリックし「OK」をクリックします。

 (2)「関東」の文字が含まれている行が高さ0(非表示)になります。

 (3)「関東川崎株式会社」の行すべてを非表示にしたい場合は、「カスタム行スタイル」タブで、「行名」に「関東川崎株式会社」を入力し、「適用範囲」を「行名を含むすべての行に適用する」にチェックします。「行サイズ」の高さを「0」に設定して、「追加/更新」ボタンをクリックし「OK」をクリックします。

 (4)「関東川崎株式会社」の文字が含まれている行が高さ0(非表示)になります。

2.特定の列を非表示にしたい場合
 (1)「2006」年の列すべてを非表示にしたい場合は、「カスタム列スタイル」タブで、「列名」に「2006」を入力し、「適用範囲」を「列名を含むすべての列に適用する」にチェックします。「列サイズ」の幅を「0」に設定して、「追加/更新」ボタンをクリックし「OK」をクリックします。

 (2)「2006」の文字が含まれている列が幅0(非表示)になります。

集計表のスタイル設定は複数設定することができます。複数設定されている場合は、優先度の高い順に適用されますので注意が必要です。

集計表のスタイルは非表示設定のみではなく、文字色や文字サイズなども変更できます。「集計表チャートで特定の行や列などを強調表示する方法」も参考にしてください。