TECH BLOG

MENU

オンプレクラウド

MotionBoard

MotionBoard

Redshiftに溜まっているデータを直接MotionBoardで参照したい場合どのように設定したらよいのか…。外部接続設定のパラメータの指定方法やドライバーの作成方法など少し特殊な設定が必要です。この記事ではオンプレミス版、クラウド版を問わずMotionBoardからRedshiftへの接続方法をご説明します。

 

Redshiftに接続する方法

前提:Redshiftにテーブルを持っている

今回はRedshift側に下記テーブルを保持していることを前提とします。
名前空間   :redshift-techblog
データベース名:dev
スキーマ名  :public
テーブル名  :sample

 

外部接続の設定でRedshiftを追加する

①外部接続の画面から「新規作成」を選択します。
②外部接続名を任意で入力します。
 ※今回は「Redshift」とします。
③接続先タイプに「Redshift」を選択します。
④中継サービス「使用しない」を選択します。
⑤「新規作成」を選択します。
⑥「サーバー名」を入力します。
 ※サーバー名のRedshiftでの調べ方は後ほどご紹介します。
⑦「ポート」を入力します。
 ※今回はデフォルトの 5439 とします。
⑧「データベース名」を入力します
⑨「ユーザー名」にRedshiftの管理者のユーザー名を入力します。
⑩「パスワード」にRedshiftの管理者のパスワードを入力します。
⑪「接続確認」を選択します。
⑫接続に成功したら「保存」を選択します。

 

Redshiftのサーバー名の確認方法

管理者でAWSのコンソールにアクセスします。
①「Amazon Redshift」を選択します。
②「名前空間」を選択します。
③「ワークグループ」を選択します。
④「JDBC URL」の赤線で示した部分がサーバー名の設定内容になります。

 

ドライバーZIPファイルを作成する

 

PostgreSQLのJDBCドライバーをダウンロードする

事前に下記URLからPostgreSQLのJDBCドライバーをダウンロードします。
https://jdbc.postgresql.org/

①「Download」を選択します。
②「SNAPSHOT」を選択します。
③「9.2.jdbc3-SNAPSHOT/」を選択します。
 ※今回は 9.2.jdbc3-SNAPSHOT/ とします。
④「postgresql-9.2.jdbc3-20131022.000327-1.jar」をクリックしてダウンロードします。
 ※今回は postgresql-9.2.jdbc3-20131022.000327-1.jar とします。
この時に postgresql-#.#-###.jdbc#.jar の形式であることに注意します。
#はバージョンを示します。

 

MotionBoardのインストーラーからredshift.zipを取得する

MotionBoardのインストーラー(例:MotionBoard_6.4_dl.iso)の配下にextraフォルダがあり、その中にredshift.zip というZIPファイルがあります。
このファイルをコピーして今回はデスクトップに配置しておきます。

ドライバーZIPファイルを作成する

続いてコマンドプロンプトから以下の3回のコマンド実行でドライバーZIPファイルを作成します。

コマンドプロンプトを管理者で実行し、以下のコマンドを順番に実行します。

①cdコマンドで <インストールディレクトリ>\system\jre\bin を指定します。
<例>
cd C:\MotionBoard64\system\jre\bin

②java -jar <インストールディレクトリ>\system\tools\mbcmd.jar でMotionBoardのコマンドラインツールを起動します。
<例>
java -jar C:\MotionBoard64\system\tools\mbcmd.jar

③driver create <redshift.zip のディレクトリ> <jarファイルのディレクトリ> <インストールディレクトリ内のextraフォルダーのディレクトリ>でドライバーZIPを作成します。
<例>
driver create C:\Users\yamashitae\Desktop\redshift.zip C:\Users\yamashitae\Desktop\postgresql-9.2.jdbc3-20131022.000327-1.jar C:\MotionBoard64\system\resources\communicator\drivers\extra

コマンドを実行後extraフォルダー内にredshift.zipが作成されていることを確認したらサービスを再起動します。

 

RedshiftのデータをMotionBoardから参照することができました。
MotionBoard Cloudなら外部接続設定のみですぐに繋がり、オンプレミス版であれば「ドライバーZIPファイル」を作成し外部接続設定をするだけで繋がりました。
Redshiftのデータを参照したい場合は是非繋いで参照してみてください!!

この記事にリアクションしてみませんか?

  • 分かりやすい (1)
  • 問題が解決した (0)
あなたのお役に立ててうれしいです!
プロフィールへ

山下 悦矢

MotionBoardとDr.Sumのプリセールスをしております。 歴は5年ほどになります。皆さんに分かりやすくお伝えできるように 頑張って発信してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

Related article

Related article関連記事

Pick up

Pick upおすすめ記事

特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

  • #データ加工
  • #DS Script

2023.07.17

Dr.Sum

DS Scriptで必要なテーブルだけ再構築(リビルド)をしよう

  • #DS Script

2023.07.06

Dr.Sum

「データポイント数が、しきい値をオーバーしました」というエラーの解決方法【データベースで処理をしよう】

  • #データ加工

2023.06.13

MotionBoard

Ranking

Rankingランキング

1

棒グラフを大きい順番に並び替えたい!(ソートしたい)

  • #デザイン
  • #グラフ
  • #集計表

2019.06.15

MotionBoard

2

カスタム項目の書き方 よく使う関数からIfまで

  • #データ加工

2023.07.28

MotionBoard

3

経過時間を時:分:秒で時刻表示したい!【320秒→05:20】

  • #グラフ

2022.08.02

MotionBoard

Info

Information

ウイングアーク1stからのお知らせ