TECH BLOG

MENU

オンプレクラウド

MotionBoard

MotionBoard

ログインユーザーによって、ボードに表示されるデータを制御したいと思ったことはありませんか。
例えば「関西」に所属のユーザーには、関西のデータのみを表示させるといった見せ方です。

 

MotionBoardでは、Dr.Sum認証の場合、Dr.Sumの環境変数を利用し、上記の制御が可能ですが
ローカル認証等の場合、以下のような「ログインID」と紐づけられたマスタデータ(以降「ログインマスタ」)をご用意いただくことで同様の制御が可能です。

ログインID ブロック名 ブロックコード
user1 関西 01
user2 関東 02
user3 中部 03
user4 九州 04
user5 北海道 05
user6 東北 06

 

Dr.Sumの環境変数については以下の記事でご紹介しております。

 

 

それでは、設定していきましょう。

 

検索用データソースの作成

まずは、ログインマスタを参照したデータソース(以降「ブロック名検索用DS」)を作成します。

行・列・集計項目は、項目を配置する必要はありません。
[検索]にて[検索項目]に「ログインID」を配置し、以下のように設定します。

 検索値の指定方法:単一入力
 比較条件:等しい
 検索候補値:直接入力
 値:${user_id}

※今回利用したシステム変数「${user_id}」については、以下マニュアルをご参照ください。

MotionBoardマニュアル:使用可能なシステム変数

 

対象アイテムへの検索条件

次に、ボード上に表示している対象のチャートや明細表用のデータソースに対して、検索条件を設定します。

[データソースエディタ]-[検索]で以下のように設定します。

 検索値の指定方法:複数リストボックス
 ※「選択値にすべてを表示」のチェックを外す
 比較条件:いずれかに等しい
 検索候補値:他データソース定義項目の値
 他のデータソース定義:ブロック名検索用DS
 「他のデータソース定義に設定された検索を実行した結果を利用する」にチェック
 項目名(値):ブロック名

 

最後に

上記の設定をいただくことで、ログインユーザーによって見せるデータを制御してボードを展開することができます。ぜひ、試してみてください!

この記事にリアクションしてみませんか?

  • 分かりやすい (5)
  • 問題が解決した (0)
ありがとうございます!
プロフィールへ

Murai Kosuke

Dr.Sum、MotionBoardのプリセールス、カスタマーサポートを経験し 現在はプリセールスとして活動しています。 皆様に役立つ記事を書いていきますので、いいねボタンぜひよろしくお願いします。

Related article

Related article関連記事

Pick up

Pick upおすすめ記事

特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

  • #データ加工
  • #DS Script

2023.07.17

Dr.Sum

DS Scriptで必要なテーブルだけ再構築(リビルド)をしよう

  • #DS Script

2023.07.06

Dr.Sum

「データポイント数が、しきい値をオーバーしました」というエラーの解決方法【データベースで処理をしよう】

  • #データ加工

2023.06.13

MotionBoard

Ranking

Rankingランキング

1

棒グラフを大きい順番に並び替えたい!(ソートしたい)

  • #デザイン
  • #グラフ
  • #集計表

2019.06.15

MotionBoard

2

カスタム項目の書き方 よく使う関数からIfまで

  • #データ加工

2023.07.28

MotionBoard

3

経過時間を時:分:秒で時刻表示したい!【320秒→05:20】

  • #グラフ

2022.08.02

MotionBoard

Info

Information

ウイングアーク1stからのお知らせ