TECH BLOG

MENU

オンプレクラウド

Dr.Sum

Dr.Sum

システム開発をしているときに、さまざまなデータベースと接続しながらSQLを書くことはありませんか? よく現場ではSQL実行ツールを接続先を変更しながら動かしているケースがございますね。

実はDr.SumはフリーのSQL実行ツールからもSQLが書けるようになりました。A5:SQL Mk-2、Squirrel SQL、DBeaver、CSEなどいろいろありますが、DBeaverはJavaベースなのでJDBCドライバーの配置が簡単なのと、Windows、Mac、 Linuxで動作するので個人的にオススメです。

ということで今回はDBeaverとDr.Sumを接続とA5:SQL Mk2とDr.Sumの接続をそれぞれ紹介してみたいと思います。

 

前提

フリーのSQL実行ツールと接続するためにはDr.Sumのバージョンのチェックが必要です。ご自身のDr.Sumのバージョンが「5.6.00.1020」以降であることをご確認ください。

 

DBeaverとDr.Sumの接続

DBeaverのセットアップ手順

セットアップをするためには以下の手順が必要です。

  1. DBeaverをダウンロード(https://dbeaver.io/download/)してインストールします。

  2. Dr.Sum JDBC Driver(dwodsjd4.jar)を適当なフォルダーに配置します。

    JDBC Driverは [Dr.Sumインストールフォルダ]¥DevKit¥java¥jdbc¥dwodsjd4.jar にあります。

  3. DBeaverを起動し、[データベース]>[ドライバーマネージャー]を開いて[新規]をクリックします。タブ[設定]の欄[ドライバ名]に任意の名称を入力します。
    タブ[ライブラリ]の[ファイルを追加]をクリックし、2で配置したdwodsjd4.jarを選択し、[OK]をクリックして一度保存します。

  4. 保存したドライバーをダブルクリックして開きます。
    タブ[ライブラリ]を開き、[クラスを見つける]をクリック、検索されたドライバクラスをクリックします。
    [ドライバクラス]欄に「jp.co.dw_sapporo.JDBC.JDBCDriver」が入力されていることを確認のうえ[OK]をクリックし、ドライバーマネージャーを閉じます。
  5. [データベース]>[新しい接続]を開きます。
    設定したドライバーを選択して「次へ」をクリックします。
    [JDBC URL]に「jdbc:dwods:[host]:[port]:[db]」を入力します。
     入力例(オンプレの場合) jdbc:dwods:localhost:6001:SALES
     入力例(クラウドの場合) jdbc:dwods:localhost:7001:SALES
    [ユーザー名]にユーザーIDを入力し[テスト接続]をクリックします。

クラウド環境を利用の場合でも、”localhost”と記載することがポイントです。これはローカル環境のSecure Transport Agentを指定するので、localhostとする必要があるのです。

 

接続は以上で終了です。下図のような画面が出ましたら接続成功です。

 

SQLエディタを起動して実際にSQLを書いてみましょう。SQLアシスト、タブ切り替えなど、便利な機能満載です。

 

A5:SQL Mk2とDr.Sumの接続

A5:SQL Mk2のセットアップ手順

続いてA5:SQL Mk2との接続の手順を紹介します。

事前にDr.Sum Development Kitをインストールして、ODBCデータソースを設定します。

 

A5:SQL Mk2のセットアップ手順

1.A5:SQL Mk2をダウンロード(https://a5m2.mmatsubara.com/)してインストールします。

2.A5:SQL Mk2を起動し、[データベース]>[データベースの追加と削除]を開いて[追加]ボタンをクリックし、汎用接続の「ADO (OLE DB, ODBC)」を選択します。

3.接続文字列のブラウズをクリックし、OLE DBプロバイダーで「Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers」を選択し次へ進みます。

 

4.ODBCデータソースで設定したデータソースを選択します。

5.接続テストを実行します。成功したら[OK]をクリックしてプロパティを閉じます。

6.接続文字列に「MaxVarcharSize=4000」を追加します。
 接続文字列の例「Provider=MSDASQL.1;Persist Security Info=False;Data Source=Dr.Sum;MaxVarcharSize=4000」

MaxVarcharSize=4000の指定がないと、SQL実行時にエラーが発生するので必ず追加してください。

 

7.[閉じる]を押します。

 

注意事項

 

※※※ 2024/1/12 追記 ※※※

Version 2.19.0 beta 27からクォート文字の設定が可能になりました。
https://a5m2.mmatsubara.com/beta/

この対応のおかげでクォート文字を(なし)にすることができ、そのように設定するとオブジェクトツリーから開けます!

念願のオブジェクトツリー、感動です!

 

    以上を注意していただければ、快適にA5:SQL Mk2がしようできると思います!

     

    さいごに

    開発者としてはもちろんDr.SumのSQL Executorを使って欲しいですが、現場には様々なニーズがあると思いますので、フリーのツールも使えることを紹介させていただきました。

    SQL Executorの機能もどんどん進化していきますので、また紹介をさせてください。

     

     

     

     

     

    この記事にリアクションしてみませんか?

    • 分かりやすい (7)
    • 問題が解決した (1)
    あなたのお役に立ててうれしいです!
    プロフィールへ

    Toru Sasahara

    Dr.Sumのソースコード1行目から開発に携わり、四半世紀にわたってDr.Sumと共に歩んできました。 2022年からはDr.Sumの開発責任者とプロダクトエンゲージメント担当を兼務し、ユーザーが愛着を持ち、長く使い続けられる製品の開発に情熱を注いでいます。

    Related article

    Related article関連記事

    Pick up

    Pick upおすすめ記事

    【まとめ】SVFCloud帳票をinvoiceAgentに連携する方法

    • #帳票作成・出力
    • #システム連携
    • #電帳法
    • #文書定義
    • #処理定義

    2024.04.18

    SVF

    Dr.Sum Copilotをインストールしてみた【OpenAI】

    • #Copilot

    2024.04.05

    Dr.Sum

    特定の文字列で分割して階層構造をつくりたい!~DS Scriptで分割する~1

    • #データ加工
    • #DS Script

    2023.07.17

    Dr.Sum

    Ranking

    Rankingランキング

    1

    Excelのデータを加工したい。~変換(横持ち⇔縦持ち)について~

    • #データ取り込み
    • #データ加工

    2021.01.19

    Dr.Sum

    2

    【あの頃に戻りたい】バックアップから任意のテーブルだけを戻す方法

    • #設定

    2023.11.07

    Dr.Sum

    3

    【DELETE-INSERT】特定期間のデータのみ洗い替えたい!【手動…

    • #データ取り込み
    • #SQL

    2024.01.10

    Dr.Sum

    Info

    Information

    ウイングアーク1stからのお知らせ