★★★:よくある

「前年比」や「達成率」などを計算する方法を別の記事「前年比など新たに計算して集計項目を作りたい」でご紹介しましたが、今回は、「達成率」が未達の箇所に色をつけて目立たせる方法を紹介していきたいと思います

例えば、達成率が一覧で表示されている場合、数字が多すぎて予算が未達となっているのがどれなのかがわかり難い時がよくあると思います。
Datalizerのデータ書式設定を使うと簡単に目立たせることができます!

前提:予実集計表

以下のような、「地域別」、「支社名」、「年度」毎の「売上金額」、「予算金額」、「達成率」を表したクロス集計表があります。

ここから、予算未達の箇所、つまり「達成率」が100%を下回った項目を目立たせていきたいと思います。

「達成率」が100%を下回った集計項目の値の色を赤に変更する

レイアウト設定の画面で、集計項目の達成率を右クリックし「集計項目の設定」を選択します。

レイアウト詳細設定の画面が開くのでデータ書式欄に以下を入力します。

{@<100}[red]##0.00'%';##0.00'%'

※@<100 で達成率の値が100より小さいことを表し [red]で表示色を表します。##0.00で小数点第2位までの表示を指定し、%は文字なのでシングルクオートで囲っています。

集計実行すると、達成率が赤字表示されているのが確認できます。

ちなみに100%以上の時は青色の文字にしたい場合は、データ書式を以下のように指定するとこんな感じになります。

{@>=100}[blue]##0.00'%';[red]##0.00'%'

データ書式では様々な設定ができますのでいろいろ試してみて下さいね!

詳しく知りたい方は以下のDr.Sumマニュアルをご参照ください。
※使用できるデータ書式
https://cs.wingarc.com/manual/drsum/5.5/ja/UUID-9cdb2e13-b99f-afa9-4275-b17e3d3762ce.html