枠から罫線をはみ出さず、短かすきず、ピッタリ合わせたい

★★★:よくある

帳票のレイアウトには枠線や罫線は必須アイテムですよね。でも枠内に縦線や横線の罫線を引く場合、外枠にピッタリ合わせるって結構面倒ですよね。マウスの操作で微調整しても実際拡大してみると、ほんの少しだけはみ出していたりしてしまうものです。この作業はすごく時間がかかってしまいますし、指摘されやすいポイントですよね。

SVFではこれを一発で解決できてしまう「接点モード」機能があります。

外枠にピッタリ合っているように見えますが拡大してみると枠からはみ出ていたり、短い場合があります。

※拡大する際は、右下のステータスバーにあるスライダーとボタンを利用してフォームエディターの表示倍率を変更します。

このような罫線を引きたい場合は「接点モード」を利用して罫線を引けば枠内にピッタリ合います。「接点モード」は左下のアイコンをオン/オフで変更します。

「接点モード」オフの状態

「接点モード」オンの状態

「接点モード」オンにした後罫線アイコンを選択し、ピッタリ合わせたい箇所に近づけて赤い〇が表示された所から終点箇所の赤い〇が表示される所まで罫線を引きます。

これで枠の外枠にピッタリ合う罫線が引けました。

また、既に罫線が引かれている場合はShiftキーを押しながら罫線を伸ばすと枠にピッタリ合わせることができます。


※ここで一つ接点モードのテクニックです。
 罫線を引くときは枠内の「内」から「内」で引いて下さい。「外」から引いてしまうと罫線が枠を飛び出してしまいます。

注意として「接点モード」をオンにすると罫線だけでなく、固定文字やフィールドも動きますので不要な時は「接点モード」はオフにして下さい。

いかがでしたでしょうか。もう一つ「接点モード」のテクニックとしてを使用した
「接点モード」は最もよく使う機能の1つで便利な機能なので覚えておいてくださいね。

Topに戻る

フリーワード検索