★★★:よくある
 
SVFでフィールドを作成すると、初期設定では下記のように「XXXXX...」と表示されます。
実際のフィールド名で表示したい場合もあると思いますので、今回はその方法をお伝えします。
 
メニューバー[表示]-[フィールド名の表示]をクリックするか、「Ctrl+E」を押すごとに表示が切り替わります。
 
表示形式には以下図の通り4つの形式があります。
 
 
普段はデフォルトの「XXXXX...」にしておいて、フィールド名、桁数、位置、属性の確認用途毎に表示を切り替える・・・、なんていう使い方が便利ですね。

 
フィールド切り替えパターンのイメージ