★★:まあある

あるチャートをクリックしたときに、隣のチャートの関連する部分を目立たせたいときがありますよね。

2つのチャートを連動させる「リレーション設定」では隣のチャートの該当するカテゴリ以外を消すことができますが、消すのではなく比較をするために該当するカテゴリだけを目立たせる「ハイライト」の機能を使ってみましょう。


まずは、ドラッグ&ドロップでリレーションの設定をしてください。

次に、リレーション設定の画面でマウスクリック時のアクションに「ハイライト」を指定します。

これでリレーション設定は完了ですが、これだけでは目立たせることができません。

どのような効果で目立たせるかは、リレーション先のチャートのデザイン設定で指定することができます。
リレーション先のチャートを選択し、「チャート編集」をクリックしてください。

 

チャートエディタの画面では、左側の「スタイル設定」を選択します。
スタイル設定の画面では、以下の設定をしてください。

  • マウスオーバー時の色=赤
  • マウスオーバー時の色の不透明度=不透明

(今回は目立つように真っ赤に設定しました)

 

これで設定は完了です。

リレーション元のチャートの項目を選択してみましょう。

折れ線が赤くなりましたね。このように、リレーション設定の「ハイライト」を使えばチャート内の項目を目立たせることができます。

MotionBoardはちょっとした設定でチャートの表現力を広げることができますので、いろいろなボードで使ってみてください。