★★★:よくある
2021/08/23 時点(MotionBoard ver.6.2)の記事です。

今回は、とっても便利な「コンテナ」の活用方法についてご紹介させて頂きます!

 CASE1 ヘッダーに使う

まず、下の画像をご覧ください。

レイアウトモードでヘッダーを作ったのですが、ヘッダー部分にボードタイトルと検索条件2つを配置して
背景に色を付けるとこんな感じになってしまいます。

各アイテムの間にある、白い線が気になりますね。


白い線の原因


レイアウト編集画面はこんな感じ。


レイアウトの区切り線の部分に背景色をつけられないことが原因です。




見栄えがあまりよくないので、コンテナを使ってこの線を消しましょう。



解決方法


コンテナにアイテムを入れ、コンテナの背景色を設定することでレイアウト区切り線の部分にも色が
付きます。



まず、配置しているアイテムを一旦退避させます。


ボード管理からアイテム管理を開き、必要なアイテム(ボードタイトル、検索条件×2)の上で右クリックして[レイアウトから削除する]をクリックします。



背景に使っている四角形は不要なので、[レイアウトから削除]ではなく[アイテム削除]で削除してかまいません。




アイテムが取り除けたら、縦に区切っているレイアウトをすべて削除します。


画像のような状態になったら、ヘッダー部分にコンテナを新規作成して配置してください。
このとき[背景色]をヘッダーの背景にしたい色に設定します。






こんな感じになったら、レイアウト編集で元通りにレイアウトを区切っていきます。




アイテム一覧から右クリックで[レイアウトに追加する]を選び、元の場所に各アイテムを戻します。




完成!


完成しました!



さて、今日はもう一つコンテナの活用法をご紹介します。




 CASE2 スクロールボックスとして使う



ボードを作成している時に、たくさんチャートを並べたいけど場所が足りない。
そう思ったことはありませんか?



そんな時はコンテナを使ってスクロールボックスを作りましょう!



作成手順


作り方は簡単。


コンテナを設置する際に、コンテナサイズの高さの100%のチェックをはずします。
高さを任意の数値に書き換えてOKをクリックしてください。


デフォルトの高さより大きな値に設定すると、スクロールができるようになります。




あとはいい感じにレイアウトを区切って・・・




完成!


チャートを配置すれば完成!



ボード上に表示したいチャートが画面に収まりきらない場合などに使えますね!



横スクロールのボックスを作りたい場合は、高さではなく幅の100%チェックを外して


任意の幅を設定すればOKです。



まとめ


今回は2通りのコンテナ活用法をご紹介しました。


色々な場面で活用できると思うので、ぜひ試してみてください!



過去に紹介したコンテナ活用法はこちら


過去にブログ内でご紹介したコンテナの活用法です。
こちらも是非チェックしてみてくださいね!


 ボード上にアイテムを置くスペースがないときは「コンテナ」を活用してみよう


 まるでWebサイト!?お洒落なグローバルメニューの作り方!


 まるでWebサイト!? 折りたたみメニューの作り方!