★★:まあある

Dr.Sumには異なるテーブルを縦に結合する「マルチビュー」という機能があります。(データベースの世界ではUNIONと呼ぶそうですね!)
本記事ではマルチビュー機能について紹介します!

※ マルチビュー機能を利用する場合はマルチビューオプションが必要です。

上の画像では項目数や項目名が同じものを縦に結合していますが、実際の利用シーンでは結合したいテーブルの構造が異なるケースもあります。
ビュー機能を使って項目を抽出したり項目名を変更することで、異なるデータ構造のテーブルも結合することが可能です。
本記事ではテーブルの構造が異なるケースで結合する方法についてもご紹介します。

 

では早速、設定方法をご紹介します。

構造が同じテーブル同士を結合する

まずは同じデータ構造のテーブル同士を結合する方法を紹介します。
サンプルとして、Dr.Sumに項目名や項目数が同じテーブルを2つ用意します。

Enterprise Managerのメニューから[マルチビュー]をクリック後、右クリックして[新規作成]を選択します。

サーバー、データベース、結合するテーブルを選択します。
「テーブルの追加」画面では、テーブルの他にビューやマルチビューを選択可能です。

テーブル選択の際、データ構造が異なっているとエラーメッセージが表示されます。もしエラーが出る場合は、各テーブルについて以下の4点が一致しているか確認してみてください。
■項目の数
■項目の名前
■項目の順序・・・テーブルAが「日時/デバイスID/温度/速度」、テーブルBが「デバイスID/日時/温度/速度」となっている場合、日時とデバイスIDの順序が一致しておらず結合できません。
■項目の型・・・数値型(NUMERIC)や文字型(VARCHAR)など、型が一致していないと結合できません。

テーブル選択後、[OK]をクリックするとマルチビューが作成されます。
では、中身を確認してみましょう!

2つのテーブルが縦に結合することが確認できました。

構造の異なるテーブル同士を結合する

実際の利用シーンでは、結合したいテーブルの構造が異なるケースが多いです。
例えば営業部のデータと事業部のデータを結合して、まとめて売上を把握したい場合が考えられます。
この場合でも、項目名を合わせたり必要な項目のみを抽出するビューを作成することで結合することが可能です。

図のようなサンプルデータを使って解説していきます。

Enterprise Managerのメニューから[ビュー]をクリック後、右クリックして[新規作成]を選択します。

営業部・事業部それぞれのテーブルから「日付/所属/担当者/売上」の4項目になるようビューを作っていきます。

営業部のデータから項目を抽出する

「ビューの作成画面」にて中央のエリアを右クリック→[テーブルを追加]で営業部のテーブルを追加します。
必要な4項目を選択し、[選択フィールドを追加]をクリックして項目の抽出を行います。


事業部のデータから項目を抽出する&項目名を変更する

続いて事業部のデータについてもビューを作成していきます。
今回必要な設定は以下の2点です。
・必要な項目(日付、事業部区分、担当者、売上)を選択します。
・「事業部区分」の[別名]欄に「所属」と入力します。

営業部・事業部それぞれのビューを確認し、同じ項目数・項目名になっていることを確認します。

以下のページを見ていただくと、ビューでできる操作についてより理解が深まります!

Dr.Sum内にある複数のテーブルを結合しビューをつくりたい~JOINの方法~(TECHBLOG)
[ビューの作成] 画面(マニュアル)

マルチビューで結合する

では、作成した2つのビューをマルチビューで結合してみましょう!
設定方法はセクション「構造の同じテーブル同士を結合する」と基本的に同じです。

「テーブルの追加」画面では、[ビュー]タブに切り替えて作成した2つのビューを選択します。

2つのビューが問題なく作られていれば、結合が可能です。

まとめ

本記事ではマルチビューを使ってテーブルを縦に結合する方法を紹介しました。
実際にはデータ構造が異なるケースも考えられますが、ビューを使って項目抽出や項目名変更を行うことで同様に結合できます。
項目の抽出や項目名変更だけでなく、新しく項目を作ったり共通のキー項目から別のテーブルを横に結合(JOIN)を行ったりと、より幅広い加工を行うことができます。
ビュー機能と併せてぜひマルチビューを使いこなしていただければと思います!