★★★:よくある

予算未達の箇所を目立つよう色を付けたい~文字の色付け編~ではデータ書式を利用した方法をご紹介しましたが、今回は、結果表調整という機能を利用して「達成率」が未達の箇所を目立たせる方法を紹介していきたいと思います!

前提:予実集計表

以下のような、「地域別」、「支社名」、「年度」毎の「売上金額」、「予算金額」、「達成率」を表したクロス集計表があります。

ここから、予算未達の箇所、つまり「達成率」が100%を下回った項目を目立出せていきたいと思います。

「達成率」が100%を下回った集計項目の背景色を赤に変更する

結果表調整という機能を使って、集計結果が100より小さかったら赤くすると言った設定をしていきましょう。
レイアウト設定の画面で、「結果表調整」を選択します。

結果表調整画面で「集計項目追加」をクリックします。

追加画面で集計項目を「データ:合計を含む」と設定して、書式設定の「+」アイコンをクリックします。

書式タイトルを「達成率」と設定し、対象項目で「達成率」、「セル書式」を選択して、「詳細」ボタンをクリックします。

書式設定画面で、計算方法が「データ」となっていること確認して、背景色の「+」アイコンをクリックします。
条件を指定して適用ボタンをクリックします。
※ここでは、背景色:赤、演算子:より小さい(<)、値:100 と設定しています。

追加画面に戻るので、「追加」ボタンをクリックして書式が追加されたことを確認したら「適用」ボタンをクリックします。

集計実行すると、「達成率」が100%を下回った集計項目の背景色が赤になっていることを確認できます。

結果表調整を利用すると様々な表現ができますのでいろいろ試してみて下さいね!

詳しく知りたい方は以下のDr.Sumマニュアルをご参照ください。
※集計結果の詳細設定について(結果表調整)
https://cs.wingarc.com/manual/drsum/5.5/ja/UUID-9522fe28-b71f-3bed-137c-ecd4bae1dfb8.html